つまらない日常生活に笑いをプラス。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
L⇔Rってマイナー…?
こんばんわ。リポDが心の友のPlusです。


最近、家に帰ると決まってL⇔Rを聴いているのですが、
ネットの知り合い(高校生くらい)にその話をしたら



「なにそれ?」



…いや、そりゃあ1998年以降活動休止中だけどさ^^;個人的に
すごく大好きなだけに、この一言はショックでした。

てなわけで、今日はおすすめのアルバムとしてこれを紹介
しようと思います。



画像無いです。ごめんなさい… アーティスト : L⇔R
 タイトル : Singles & More Vol.2

えっと、自分ほとんどMDしか持っていないので画像アップできません
でした(ていうかアマゾンその他にも画像無いし('A`))。


「HELLO, IT'S ME(グリコ ポッキーCM曲)」とか、
「KNOCKIN' ON YOUR DOOR(ドラマ『僕らに愛を』主題歌)」などの
有名どころを初めとして、結構いい感じに仕上がっている一枚だと
思います。

ちなみに自分のオススメは「Nice to meet you」って曲です。
上に挙げた他にもいい曲いっぱいあるんで、気になった方は是非
聴いて欲しいと思います。


ていうか、最近の高校生ってKAN(『愛は勝つ』の人)すら
知らないんですな。すごいジェネレーションギャップ感じました…。


この記事に点数をつける
スポンサーサイト

テーマ:おすすめの一枚 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰っす♪

えっと一言で申し訳ございませんが・・・;


KANはしっとりまっせ♪(蹴


高校2年のぺっぺでしたw
2005/11/09(水) 23:09:34 | URL | ぺっぺ #-[ 編集]
お、高校2年で知っているなら、まだまだKANも
現役ってことですね!(否

まあ、日本を代表する一発屋アーティスト
として、末永く語り継がれて欲しいもんです。
2005/11/09(水) 23:44:24 | URL | Plus #uxXR52ms[ 編集]
評価つけといたよ~。あとさ、デザインもそうだけど「役にたったか?」って問いかけで点数つけられても微妙じゃね?いやぁ、役に立ったかといわれると・・・うーむ、みたいなさ笑。
あの木の向こうは、きっと出会えるさアイロニー、でしょ。もろに世代だわ
2005/11/11(金) 02:05:21 | URL | ハラキリ #-[ 編集]
採点どうもでした~。

確かに、質問されても困りますな。だって
アリの触覚ほども役に立たない記事だし。

個人的には、色の問題さえクリアしてくれれば使ってもいいかな、って感じです。つーか単にフレーム部分の背景色を透明にするだけなのにね…^^;

L⇔Rやっぱいいっすよね!
2005/11/11(金) 21:41:10 | URL | Plus #uxXR52ms[ 編集]
マイナーでも良いんです
こんにちは。ブログルポに加入したてのイーゲルです。
>L⇔R
好きですよ。
一発屋なんて言っちゃイヤ、と思ってもタイアップ曲『KNOCKIN’ ON YOUR DOOR』の印象が強いんだろうなあ…。
中古屋で見かけるCDの大半が『Let me roll it!』だし。
>Singles & More Vol.2
『アイネクライネナハトミュージック』、『ブルーを打ちぬいて』とか好きですよ。
2005/11/12(土) 12:47:06 | URL | イーゲル #-[ 編集]
お初です。

ああ、説明足りなかったですな。
一発屋はKANの方です( ´_ゝ`)
だって、「愛は勝つ」以外しらねぇもん…。

アイネもいいですね!というかVol.2に入っている曲は全部好きです。
「It's Only a Love Song」は最初「?」だったですが、もう慣れましたw

イーゲルさんもブログルポユーザーですか。自分も入りたてですが、
これからもよろしくです。
2005/11/12(土) 18:49:55 | URL | Plus #uxXR52ms[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この⇔はエルアールのためにあるんです。メイビー。L⇔R(エルアール)というグループは『Knockin’onyour door』をヒットさせた一発屋的存在として語られる
2006/02/04(土) 15:43:55 | イーゲルヒュッテ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。