つまらない日常生活に笑いをプラス。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安売り餃子への挑戦 その2
キュー○ピーの音楽に合わせて登場 Plusです。

昨日のブログで書いた通り、今日は安売り餃子への挑戦ということで
手作り餃子にチャレンジしたいと思います。

では早速材料です。

【材料】
1.豚挽肉  120g
2.キャベツ 1/4カット
3.大葉   1袋(10枚入り)
4.餃子の皮 個数分
5.塩    少々
6.コショウ 少々
7.ゴマ油  適量


調理法ですが、ここに載せる必要もないほどオーソドックスな
作り方ですので、今回はそんなに気合い入れて書きません^^;

餃子の材料
タネ完成

キャベツは熱湯で少し柔らかくしてから、水気を取ってみじん切り。
大葉もみじん切りにして、豚挽肉と一緒に混ぜ合わせます。お好みで
塩、コショウ、ゴマ油の分量は調節してください。


タネができたらいよいよ包む作業です。ホントは餃子作る器具
(挟むだけでキレイにギザギザ付けて閉じてくれるあれです)が
あれば楽だったんですがどっか行きました('A`)

ひたすら手作業で包むこと40分(もっとかかったかも)、包み
終わったらこんなんなりました。

46個もできました…

46個です。作りすぎです。
でも、それなりにうまくできたのでよしとします。

さて、今回の目的になっている「市販の安売り餃子に挑戦」ですが、
一体どのくらいのコストパフォーマンスか計算してみました。

【材料費(46個分)】
1.豚挽肉  118円(98円/100gで計算)
2.キャベツ  48円
3.大葉    80円
4.餃子の皮 150円(30枚入一袋98円で計算)
----------------------------------------
合計    396円(1個当たり8.6円)


どうでしょ?大葉は見切り品になっていたのを買ってきたんですが、
それ以外は普段売っている値段での計算になっています。
見事に市販品と同等レベルの単価になってますよね。
肉とかも見切り品選んで買えば、もっと安くできるはずです。


と、ここまで読んでみて気づく方もいるでしょう。

ニンニクつかってねぇだろ、と。


確かに材料の中にはニンニクが入っていません。もちろんわざとです。
実は我が家には、秘伝のニンニク醤油があるのですよ。

秘伝のニンニク醤油


まあ、単にニンニクを醤油に漬け込んだだけなんですが^^;でもこの
醤油が結構使えるんですよ。唐揚げや豚カツなどの下味つけにもいい
ですし、カツオのタタキなんかに使うのもいいですよね。

もちろん、十分に味が染み込んだニンニクもそのまま食べられます。
風邪予防とかにもかなりいい一品ですよ。


さて、今回は手作り餃子にチャレンジしてみましたが、どうでしたか?
タネ作り&包み時間で1時間強と、結構作業が長くなってしまいましたが
いったん作ってしまえば、あとは冷凍庫に放り込んでおくだけです。
是非皆さんも、タネの中身を変えたり、色々と工夫しておいしい餃子を
作ってみてください。
スポンサーサイト

テーマ:料理・レシピ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
ニンニクしょうゆまで用意してあるとわ!もうね、嫁ぎたいっすわ、plusさんとこに笑
2005/12/19(月) 10:08:08 | URL | ハラキリ #-[ 編集]
ニンニクを別口にしておけば、朝でも食えるしね。まあ、微妙に味気ないですけど。

嫁いでもいいことないですよ?(謎
2005/12/20(火) 00:06:22 | URL | Plus #uxXR52ms[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。